最近、ミニマリストというより、
ミニマル怪魚ハンターという名前の方が
合ってるような気がしております。

 
元々ミニマリストに
ハマり、
ミニマル化を進めたのですが!!
 
  
やはり、狙う魚が
多いと必然的にルアーは
多くなります。
 
 
ロングビルのディープミノーは、
普段はあまり使いませんが

台湾での
バラマンディやグルーパー狙いに
大変役立つ訳で

そして、
中々使わない17グラムくらいの
スプーンも
台湾なら可能性があると
置いてる訳で

基本的には、
一年間使わなかったルアーは
戦力外通告の
メルカリ行き

と言いたい所ですが
中々そうせずにいます。

 
一方で、
日常生活は、
着る服をなるだけ少なく

旅行の持ち物を少なくと
ミニマルに出来ています。

モノが少ないからこそ 
仕事前に釣りにいける

奄美もスモールも
仕事前に行ってます(・o・)

 
一方で、 
ここ数年私が釣った一応珍しいかな?
という魚

先日の

オオクチユゴイ

スモールマウスバス
  
パプワンバス(スモールより釣ったの早かった!)

台湾ドジョウ

台湾の熱帯魚みたいな魚

ホシマダラハゼ

ケタバス

ニゴイ

メコンオオナマズ

オイカワ

コアユ(ルアーでスレ)もちろん、餌でもあり
 
というような感じです。

 
比較的小ぶりなモノが多めです。

なので、
ミニマル怪魚ハンター
という方が合ってるかなと
思う次第です

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です