タコ釣りにおける
コスモスクエア限定のことかも
しれません。
 
 
コスモスクエアは、堤防から
数メートルまで捨て石が
あり、そこにタコが潜んでいます。
 
 
だから、別に遠投する必要もなく
投げても、5mぐらいでしょうか?
 
そこが狙い目となります。
 
 
私は、そこしか狙いませんし、
釣っている方は、
ほぼそうしているようです。
 
 
私は、いつも通りのアブガルシアの
ホーネットスティンガーのビックベイトロッド
 
 
昨日は、友人も来て、
友人は、海外製のミディアムヘビークラスの
6フィートロッド。
初めてのタコ釣りとのことです。
 
 
確か、使える重さは1オンス以内
つまり、28g以内と
言っておりました。
 
 
使っていくと
ホントにこの差がわかってきます。
 
 
そして、私もそうでしたが、
タコのために、
ハードなロッドを用意するのか迷う。
 
 

dav

しかも、シーズンものですしね。

しかし、
一度使ってみると
ロッドの違いで
タコの取れる数が変わります。
 
  
柔らかいロッドのかたは、
タコの張り付きを
根掛かりと感じてしまいます。
 
 
しかし、
ヘビーなロッドを使うと
実は、根掛かりではなく
タコが張り付いていたのだ
ということがわかります。
 
 
また、タコジグが
そもそも重いために、
タコジグの沈みと
根に沈んでいく
違いは、柔らかいロッドだと
気づけません!

 
だからこそ、
オススメはヘビーなロッドなのです。
 
 
わかると面白いので、
やりたい方は検討してみてくださいね!

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です