ルアーをやる人は考えてみてくださいね!
 
 
対象魚にとっては、
そのルアーが新しいか古いかなんて、
分かりません!
 
 
新しいルアーに釣られているのは、人だけです。
 
 
逆に、
仮に、2019年のルアーが人気であっても、
20年前のルアーの1999年のルアーの方が
魚には目新しく感じるかもしれません。
 
 
しかーし、
もっと大前提に!
 
 
魚は、そこまで長生きするのでしょうか?
しかも、釣られた魚は少なからず
ダメージを受けているのです。
 
 
早く死ぬ可能性があります。

それゆえに、
古いルアーは魚にとっては。古いものでは
ないのです。
2020年に生まれた魚は、
古いルアーも新しいルアーも
目新しいもののはずです。
 
 
どんなにジョイントが
あって、クネクネするルアーだろうと、
魚にとっては、不自然かもしれません。
 
もしくは、鉛筆の方が標的に
感じるかもしれません。
 
 
そして、魚同士であのルアーは
危険だと伝えあうでしょうか?
 
 
おそらく、ルアーをニセものと
分からず、標的として、
認識しているはずです。
 
 
ゆえに、古いルアーでも、
問題ないのです。
 
 
釣れない気がするのは、
人の気持ちがあるからです。
 
 
そして、
新しいルアーの方がよく釣れる気がするのは、
釣り人が新しいルアーでの
釣果報告をSNSにあげるからです。
 
YouTube等は、
それを一層拍車にかけるでしょう

そして、それを見た人が新たに買う。


当然、新しく出たものの方が釣れるという
流れになります。


これが電化製品でしたら、
新しいものの方が優れているのは、
わかりますよね?


ダイヤルをグルグル回した固定電話(ギリギリやったことあります(^^))から、
スマホでは、言うまでもないですよね?


ただ、それがルアーに当てはまるものでは
ないということです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です