ミニマリストなアングラーである私は、 
マイカーなし。
公共の移動手段での釣行がほとんど。
もしくは、チャリ。

たまには、レンタカーも借りますが。

公共交通手段だと、
たまに駅から遠いといった問題がありますよね?

私、長年この問題にずっと、
頭を悩ませておりました(^^)

最近は、琵琶湖でもレンタルサイクルが
あるところもありますので、
それを使うのもいいでしょう。

淡路島でしたら、
明石駅でレンタルサイクルを借りたりもします。

しかし、場所によっては
閉まる時間が早かったり
もしくは、早朝は空いていなかったりします。
 
 
 
それゆえに、
どうにかチャリ以外の移動手段というのは、
探していました。 

そんな中、最初に採用したのは、

1.ペニースケートボード

ペニーのミニスケートボード(^^;

単純に、乗るだけでも楽しいです。

当時は、2ピースロッドを持っていたので、
片手にロッドを持ちながら。

琵琶湖でも、よく乗りました。

ただし、ここで問題が出てきました。

乗るのは難しくなくても、
やっぱりある程度気は張るのです。
 
そして、ブレーキありませんからね。

 
また、スケートボードを批判するわけでは
ありませんが、
公道を走るのは、嫌われるといいますか。

 
警察に注意を受けました。

で、次に注目したのが  

2.キックボード

まあ、キックボードの方が
子供っぽくみられます(^^;

そして、これを買うときには、
公道でこういうのを乗るのは、
事前に
どうか調べました。

どうやら、グレーゾーンみたいですね。
有りでも、無しでもない。

ただし、スケボーは、
やはり嫌われているイメージが強いのでしょう。

そして、キックボードは、
持つハンドル部分があります。  

ちょうど、この時には、
ミニマリストになっていましたので、
全てロッドはパックロッドにしておりました。

故に問題なし(^_^)

ちなみに、このハンドルあるかないか
で、だいぶ疲労度は違います。

つまり、スケートボードより、
キックボードの方が疲労度は少ない。

また、キックボードは
ブレーキもありますから、
坂も余裕で降りれます。

ちなみに、このキックボード
単純にホイールがデカイと
一回のキックでの進みが違うとのこと。

しかし、デメリットは、重くなるということ。
持ち運びがしんどくなります。
 
 
結果、重くない。
有名メーカーのJD RAZOR にしました。 

オススメですよ。
台湾の移動でも、私はこれを使いました(^_^)

海外では、よく移動に使われるキックボード。

少し、見直されても良いのでは 
と思います。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です